当院の新型コロナウィルス感染症流行に伴う対策について

★新型コロナウイルスの感染拡大を防止のため、

  • 面会中止・入館制限のお願い

新型コロナウィルス感染症拡大のために以下の方針にしています。
当院に通院・分娩していただくお互いのママ、ベビーのためにご理解とご協力をお願いいたします。

  1. 外来通院は患者さんおひとりのみでお願いしています。
  2. 入院中の患者さんへの面会は中止しています。
  3. 立ち会い分娩に関してはPCRと抗原検査を行うことで、安心ゆっくり立ち会い分娩をしています。
    →詳しくはこちら
  4. 立ち会い分娩をご希望されない方にはオンライン立ち会い出産をしています。→詳しくはこちら
  • マスク着⽤のお願い

院内感染予防のため、院内ではマスクの着用をお願いします。ただし、マスクはご持参ください。

  • 当院の換気方針とお願い

この冬、新型コロナウイルスの蔓延は続きそうな状況です。当院では、常時すべての窓を開けてしっかりとした換気に努めております。今年は、しっかり換気を行いながら、暖房致しますので、例年のような暖かい室内を提供できないかもしれません。気象状況によっては、気温の低い日も予想されます。来院される際には、暖かい服装でおいで下さるとありがたいです。

  • 各種教室の休講

分院4階ホールで開催している母親教室や各種教室、メイプルフレーズコンサートは休止とします。
いずれも再開については、決定次第、ホームページにてお知らせさせていただきます。

MLC で分娩予定のみなさまへ

3年目に入った新型コロナウィルスですが、 変異株による医療逼迫が、一層深刻となっています。MLC では、急速に重症化しやすい妊婦さんは、PCR 検査などにより一刻も早く感染を見つけ、全国的にも素晴らしい大阪府(保健所)と高次指定医療機関の方々のご尽力で入院調整をしていただくことが、母児にとり最善と考えています。

そこで、MLCでは、お母さんと赤ちゃんを守るために、現在3つの対策を行なっています。

  1. 分娩前(妊娠 36~37 週頃)
    原則、全妊婦さんに新型コロナ PCR 検査(妊婦 PCR)を受けていただいています。2日ほどで結果が判明し、陰性確認の上で、お産に当たらせていただきたいと思います。現在、大阪府の妊婦 PCR の 20,000円 の補助が打ち切られているため、皆様には 5,000円 のご負担をお願いしています。
  2. 入院時
    立ち会い希望の御家族(同居の方お一人のみ)には抗原検査を受けていただき、陰性の方は、分娩前後 4~5時間の立会いや入館をしていただいています。
  3. 緊急時
    2022 年 2月 4日より、大阪の産科クリニックではまだ稀ですが、ガイドラインでも認められている等温核酸増幅検査(いわゆる簡易型 PCR)も導入しました。15,000円 のご負担をお願いしますが、15分で判定ができます。

以上、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

令和 4(2022)年 2月 14日
医療法人もみじの手 箕面レディースクリニック
理事長・院長 小西 光長

診療時間

 
午前 1診 長野 鈴木
副院長
産科外来予約のみ
鈴木
副院長
天満 長野 鈴木
副院長
(第1・3・4・5)
※第4 産科外来予約のみ 酒井
(第2)
2診 小西
院長
天満 小西
院長
小西
院長
9:00から
11:00

産科外来予約のみ
鈴木
副院長
小西
院長
(第1・2・3・5)

※第2 産科外来予約のみ 酒井
(第4)
3診 - - - 小熊
10:00から
胎児ドック
※下記6.参照
- -
1診 鈴木
副院長
13:30から
15:30

腫瘍内分泌
婦人科専門外来
完全予約制
小熊/鈴木
(第3)
- 長野
13:30から 16:00
- - -
2診 - 長野
14:00から 17:00
- 犬飼
13:00から 17:00
天満
13:00から 16:00
-
3診 - - - 小熊
16:00まで
胎児ドック
※下記6.参照
- -
午後 1診 - - 鈴木
副院長
16:00から19:00
- - -
2診 酒井 - - - 小西
院長
-
 
午前 1診 長野 鈴木
副院長
産科外来予約のみ
鈴木
副院長
天満 長野 鈴木
副院長
(第1・3・4・5)
※第1 産科外来予約のみ
(第2)
2診 小西
院長
天満 小西
院長
小西
院長
9:00から
11:00

産科外来予約のみ
鈴木
副院長
小西
院長
(第2・3・4・5)

※第2 産科外来予約のみ
(第1)
3診 - - - 小熊
10:00から
胎児ドック
※下記6.参照
- -
1診 鈴木
副院長
13:30から
15:30

腫瘍内分泌
婦人科専門外来
完全予約制
小熊/鈴木
(第3)
- 長野
13:30から 16:00
- - -
2診 - 長野
14:00から 17:00
- 犬飼
13:00から 17:00
天満
13:00から 16:00
-
3診 - - - 小熊
16:00まで
胎児ドック
※下記6.参照
- -
午後 1診 - - 鈴木
副院長
16:00から19:00
- - -
2診 酒井 - - - 小西
院長
-
  1. 19:00までの夕診は月・水・金となります。
  2. 木曜午前の天満医師は2診→1診になります。
  3. 月曜昼13:30~15:30は鈴木副院長の婦人科特定疾患(子宮筋腫・子宮内膜症など器質性月経困難症)や更年期思春期専門の完全予約制外来です。
    専門医の鈴木副院長が、通常外来とは完全別枠で、ゆっくり深く相談しながら診療方針を決めていきます。より多くの治療方針に悩む方に利用していただくために、鈴木副院長が方針決定後には、経過観察では各主治医の通常外来に戻っていただきます。
  4. 木曜午前9:00~11:00の小西院長の外来は産科予約のみとなります。
  5. 5月より木曜日に超音波専門医小熊朋子医師による胎児ドック外来始まります。
  6. 小熊朋子医師による胎児ドック外来は、通院者限定・完全予約制となります。健診時に外来主治医までお申し出ください。

金曜日昼の2診天満医師は初診と婦人科優先となっております。

産科(妊婦健診)

【産科診察科目】


診察室

妊娠かもしれない?と受診される方へ open

初めて受診される方や前回の受診から1年以上経っている方は、問診票への記入をお願いします。
最後にあった月経(生理)の日をお伺いします。
また自宅で妊娠検査された方は、その内容についてもお伺いします。
妊娠検査をしていない方は、来院されてから検査できます。 基礎体温表をつけている方は、 基礎体温表をご持参ください。
妊娠がわかったら、早めにご受診ください。

妊婦健診の流れについてはこちら(PDF)


処置室・NST室

産後健診 open
産後1週間健診 退院後1週間ごろに診察します。
産後1か月健診 産後1か月ごろに診察します。
診察で問題なければ、妊娠前の生活に戻していきます。診察はいったん終了となります。
その後は1年に1回の定期健診(子宮がん検診、エコー検査)をおすすめしています。

婦人科

【婦人科診察科目】

子宮がん健診

1年に1回の子宮がんの定期健診をおすすめします。
ご希望の方は子宮体がん検診もできます。
不正出血のある場合などは、子宮体がん検診をおすすめすることもあります。


婦人科一般 open
不正出血・月経痛などの月経異常
月経前の体調不良(PMS)
おりものの量や匂い・色などの異常
下腹部痛・外陰部の痛み・かゆみ・できもの等
更年期症状の相談
月経のコントロール(旅行や試験などで月経を避ける)
不妊症の相談 open
人工授精までの一般不妊治療を行っています。
体外受精のような高度不妊治療が必要な場合は、専門施設へ紹介いたします。
不妊治療の検査として、一般血液検査・ホルモン検査・おりもの検査・卵管造影検査・精液検査(夫)がうけられます。
避妊の相談 open
経口避妊薬(低容量ピル)・避妊リング(IUD)
緊急避妊薬(アフターピル)
人工妊娠中絶
子宮頸がんワクチン open
子宮頸がんワクチンは、HPV(ヒトパピローマウィルス)感染を防ぐワクチンです。
HPV16型・18型(高リスク群)の感染を防ぐサーバリックスとHPV16型・18型に加えて尖圭コンジローマの原因ともなるHPV6型・11型(低リスク群)に予防効果のあるガーダシルがあります 。公費対象者(箕面市)のワクチン接種も実施しています。

産科に関する手続き

手続きに必要なもの、費用などはこちら(PDF)