専門外来

≫アレルギーはこちら  ≫発達相談/おねしょ相談室はこちら

アレルギー

  • お子さま同士の感染予防のため、一般診療とは時間を分けています。
  • 診療時間表をご確認の上、ご予約お願いいたします。
  • 過去の他院さまでの検査結果用紙をお持ちの方は、初診時に受付でお渡しください。
    診察後に返却させていただきます。
  • 季節によって診療時間枠が変更となる場合があります。

アレルギーと食事

食物アレルギーのお子さまに日々食事を作るのは、とても大変なことですね。 栄養のバランスも気になりますね。 水曜日のアレルギー外来では、管理栄養士による栄養相談を行っております。 アレルギー食でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

  • 栄養士おすすめアレルギーメニューです

《離乳食中期》(卵・小麦・牛乳 不使用)

ささみとキャベツのリゾットopen

≪材 料≫ お子様一人分

鶏ささみ(冷凍) 10g
キャベツ(葉先) 10g
玉ねぎ 10g
七倍がゆ
★ごはん:水=1:3の割合で火にかけることで作れます。
50g
豆乳 大さじ1

≪作り方≫

  1. 冷凍しておいたささみをすりおろし、ゆでる。
  2. キャベツは柔らかくなるまで茹で、包丁で細かく刻む。
  3. 玉ねぎは5 mm角に切り、茹でた後細かく刻むか、フォークでつぶす。
  4. 鍋で豆乳を温め、ささみ、キャベツ、玉ねぎをいれて煮立てる。
  5. 七倍がゆを加えて一煮立ちさせる。

≪ポイント≫

ささみは冷凍させる前に、筋を取り除いておきましょう。凍らせた状態ですりおろすと、ひき肉を使用しなくても柔らかく仕上がります。
離乳食後期、幼児食とお子さまの成長に合わせておかゆの固さは調節して下さい。


【お粥の固さの目安】

  • 生後6か月頃 :10倍がゆ(ご飯:水=1:5)
  • 生後7,8か月頃:7倍がゆ(ご飯:水=1:3)
  • 生後9~11か月頃:3倍がゆ(ご飯:水=1:2)
  • 生後12か月~18か月 :軟飯(ご飯:水=1:1)

≪栄養価計算≫(お子さま一人分)

エネルギー(kcal) 57
タンパク質(g) 3.6
炭水化物(g) 8.8
鉄(mg) 0.3
脂質(g) 0.7
カルシウム(mg) 12
食物繊維(g) 0.4

《離乳食後期》(卵・小麦・牛乳・大豆 不使用)

キャロットカルカンケーキopen

≪材 料≫(お子さま4人分)

長いも 80g
砂糖 80g
人参のすりおろし 70g
20g
重層 小さじ1/4(1g)
上新粉 90g

≪作り方≫

  1. 型にラップをしいておく。
  2. 長いもは皮をむき、酢をいれた水にさらしてから、おろし金ですりおろし、すり鉢で更になめらかにする。
  3. 砂糖に2~3回に分けて加え、さらによくすり混ぜる。
  4. にんじんのすりおろし、分量の水、重層を合わせて混ぜ、3に少しずつ加えて混ぜ合わせる。
  5. 上新粉をふるいにかけて4に加えて混ぜ、型に流しいれてそのまま20分程ねかせる。
  6. 蒸気の上がった蒸し器に割りばしを2本置いて5を乗せ、20分程蒸す。
  7. 粗熱がとれたら、型から外して切り分ける。

≪ポイント≫

にんじんの独特の風味が上手く隠れているため、にんじんが苦手なお子さまでも美味しく召し上がって頂けます。 にんじんの代わりにかぼちゃ、さつまいも、バナナを使っても◎
その時は、砂糖を少し控えめにすると、食材の甘さを生かしたカルカンケーキに仕上がります。

≪栄養価計算≫(お子さま一人あたり)

エネルギー(kcal) 178
タンパク質(g) 2.0
炭水化物(g) 42.0
鉄(mg) 0.3
脂質(g) 0.3
カルシウム(mg) 9
食物繊維(g) 0.8

《離乳食後期》(卵・小麦・牛乳 不使用)

鮭と豆腐のお焼きopen

≪材 料≫(4個分)

生鮭 1切
絹ごし豆腐 30g
片栗粉 5g
ほうれん草 20g
米醤油 少々
なたね油 少々

≪作り方≫

  1. 生鮭はラップに包んで電子レンジで火を通し、皮と骨を除いて身をほぐす。
  2. ほうれん草は柔らかく茹でて、細かく刻む。
  3. なたね油以外の材料をよく混ぜ、4等分して形を整える。
  4. フライパンに油を熱し、両面を色よく焼く。

≪ポイント≫

離乳食後期に見られる「手づかみ食べ」をしやすいよう、お子さまの手の大きさに合わせて成形してください。 鮭は、塩鮭だとお子さまには味が濃いので、生鮭を使ってください。通常通り、焼いて火を通すと固くなりがちなので、ラップに包んで電子レンジで加熱すると蒸し焼きのようになり、柔らかく加熱することができます。 豆腐の量を増やすと成形はしにくくなりますが、ふわふわと柔らかくなります。 大人の方用には、ゴマを加えると更に美味しく召し上がっていただけます。

≪栄養価計算≫(お焼き4個分)

エネルギー(kcal) 144
タンパク質(g) 19.8
炭水化物(g)

5.4

鉄(mg) 1.1
脂質(g) 4.3
カルシウム(mg) 34
食物繊維(g) 0.7

《幼児食》(卵・小麦・牛乳・大豆 不使用)

かぼちゃのソフトクッキーopen

≪材 料≫(4個分)

かぼちゃ 30g
里芋 2個
(25g)
米粉 20g
わらび粉 5g
ベーキングパウダー 1g
黒蜜 20g
小さじ1(4g)

≪作り方≫

  1. かぼちゃ1cm角に切り、水からゆでて、水気を切る。
  2. 米粉、わらび粉、ベーキングパウダーを混ぜ合わせる。
  3. 里芋は柔らかくなるまで熱湯で茹でて、水気を切る。
  4. 3をボウルに入れてすりこぎで潰し、黒蜜と油を加えて混ぜ合わせる。
  5. 2で合わせた粉を加えて更に練り混ぜ、ひとかたまりにする。
  6. 1のかぼちゃを加えて混ぜ、6等分にして混ぜ、手のひらで軽く平らにする。
  7. 200°に温めたオーブンで約10分焼く。

≪ポイント≫

黒蜜を使っていますが、お砂糖20gを水に溶かしても◎
普通のクッキーのように型抜きすることもできるので、お子さまと一緒に楽しく作ってください★

≪栄養価計算≫(クッキー6枚あたり)

エネルギー(kcal) 225
タンパク質(g)

2.7

炭水化物(g)

43.8

鉄(mg) 1.4
脂質(g) 4.3
カルシウム(mg) 59
食物繊維(g) 1.7

《幼児食》(小麦粉・卵・乳製品 不使用)

アメリカンドックopen

≪材 料≫(6本分)

ニッポンハム みんなの食卓
皮なしウィンナー
6本
米粉 30g
ベーキングパウダー 小さじ
1/3
砂糖 小さじ2
なたね油 小さじ
1/2
豆乳 約30ml
揚げ油(なたね油使用)  

≪作り方≫

  1. ウィンナーに米粉(分量外)をまぶしておく。
  2. ボールに米粉、ベーキングパウダー、砂糖を合わせてよく混ぜる。
  3. 1のボールになたね油、豆乳を加えて混ぜる。
  4. 1のウィンナーに3の衣をつけて170度の油で揚げる。

≪ポイント≫

今回使用しているウィンナーは、卵・乳・小麦・不使用のものです。
ウィンナーに米粉をまぶしておくことで、生地が離れにくくなります。

≪栄養価計算≫(1本分)

エネルギー(kcal) 64
タンパク質(g)

1.6

炭水化物(g)

5.8

鉄(mg) 0.2
脂質(g) 3.7
カルシウム(mg) 6
食物繊維(g) 0.1

発達相談

発達外来中止のお知らせ

当クリニックに長らく勤務頂いた井戸口先生が退職されることになりました。
それに伴い、担当頂いた発達外来は8月末で終了とさせて頂きます。
今後は「いどくちファミリークリニック」と連携しながらフォローさせて頂ければと思います。井戸口先生長い間大変お世話になりました。今後のご活躍を祈念しております。

2020年8月1日
箕面レディースクリニック 分院 小児科

2020年8月末をもって、退職させていただくことになりました。
長らくかかって頂いた患者様には誠に申し訳ありませんが、発達外来は8月末をもって終了させていただきます。
9月からは「いどぐちファミリークリニック」で発達外来を続けていきたいと考えております。これまで箕面レディースクリニック 小児科で発達外来を受診されていた方で、引き続き診療をご希望の患者様は「いどぐちファミリークリニック」での診療も可能です。

【受診までの流れ】

◎「箕面レディースクリニック 小児科」を受診し、紹介状および診療経過用紙をもらってください。

◎「いどぐちファミリークリニック」 TEL 072-722-5335 (2020年9月1日 開院)
に電話の上、ご予約下さい。この時に箕面レディースクリニック 小児科にかかっていたと伝えて頂けるとありがたいです。

2020年8月1日
井戸口 理恵

おねしょ相談室

  • 木曜日のみの専門外来です。
  • 診療時間表をご確認の上、ご予約お願いいたします。
  • 特別な検査や治療が必要な場合、他院にご紹介させていただくこともあります。
  • 季節によって診療時間枠が変更となる場合があります。

おねしょ相談室 担当医


宮﨑 良樹 (副医長、おねしょ相談室担当)
幼稚園児だけど毎日おねしょして、このままで良いのかな? 小学生なのにまだおねしょをしてしまう・・・ 宿泊行事までになんとかならないかなぁ

おねしょはお母さんだけではなく、ご本人が悩んでいることも多く、 将来的に自尊心の問題を抱えてしまうことが指摘されています。 自然に治ることの多いおねしょですが、 適切な生活改善や治療を行うことで早く治ることが期待できます。